月別アーカイブ: 2020年7月

ライティングのネット副業の為のスキル向上

ネット副業にも色々とありますが、そんな中でも多くのサラリーマンや家庭の主婦が気軽に始められるライティングの仕事に関して、そのスキル向上に必要なポイントについてまとめたみたいと思います。
ライティングの仕事でも、取り組みやすいのがクラウドソーシングでのライティングの仕事です。クラウドソーシングに早い者勝ちで自分が書けそうなテーマの仕事に取り組めるタスク方式と、クライアントに選抜されて取り組むプロジェクト方式の2種類があります。
タスク方式では、採用の可否がクライアントによって評価され、採用されて始めて収入が得られます。またプロジェクト方式では、何らかの実績をベースに、この人ならと言う方に仕事を託されることになります。
以上の点を考えると、早い者勝ちで取り組めるタスク方式では、いかに自分が書けると思えるテーマの幅を広げて多くの仕事に取り組めるか、そして書いた記事の採用率をいかに高める事が出来るかが稼ぎを多くするポイント成るのです。

そのためのスキルとしては、比較的浅くても多くの雑学的知識を持っている事が第1のポイントとなります。このスキルを高める方法としては、話題となっているワード等に常に関心を示し、概要を把握する習慣を付ける様にするのが大切です。
これにより、タスク方式で指定されるテーマの幅を広げる事が出来、より多くのタスクの仕事に取り組めるようになるのです。少し深い部分が必要な場合には、ネットで調べたりして掘り下げればカバーする事が出来ます。

第2のポイントとしては採用率を高める事です。これに必要なスキルは、文章力です。文章力と言っても、文学的は表現が必要と言うのはなく、例えば「です。ます。」調などの文体指定に従い、意味が正しく伝わる日本語が書けるようにする事です。
テーマに対して、まず記載するいくつかのポイントを考え、そのポイントが相手に正しく理解される文章を書けるようにする事が大切です。
そのためのスキルアップ方法としては、サラリーマンなら各種報告書等を記載する時にも、同じ様に誰にどんな事をポイントに伝えるのかを意識して書く習慣をつけると良いでしょう。
また表現方法として、最近の若い子には何でも「可愛い」と言った乏しい表現をする人が居ますが、常識的な多様な表現が出来る様にする事も必要です。このスキルを高めるのは、新聞のコラム等を読む習慣が役立つと思います。

こうした論理的な説明ができ、多様な表現ができる文章作成ができれば、タスク方式での採用率を高める事が可能となり、またその結果、タスク方式よりも単価の高いプロジェクトの仕事に招待されたり、プロジェクトの仕事確保のチャンスが増える事になります。

さらに、ライティングの仕事は、当然パソコンで文章作成をするものです。従って文章を書くスピードは、骨子を考えた後で文章が次々と浮かんでくるスピードと、そのスピードに追い付くだけのパソコンのキータッチのスピード野バランスです。そうした意味ではパソコンのキーを打つのが遅い人は、そのスピードを上げる訓練をする事も大切です。
このやり方は、ネット上にも多数の記事がアップされているので、それらを参考にして訓練されると良いでしょう。