株式への投資の流れ

日本では国民の財布が、1200兆円と言われています。しかしながら経済の流れを見ると貯蓄に回すことが多くどうしても投資に積極的にならない国民性が高いと言うのが実態です。
しかしながら、マイナス金利の時代に陥り年金の保証もされない中においては投資が注目されつつあります。そんな中でも最も人気があり、初心者でも始めやすいのは株式投資になります。
もちろん、投資する金額には自らの家系や収入を上して行う必要があります。だからこそ、100株単位8箱分での投資、場合によっては投資信託としてまとめて預けることも含め様々なプランが存在します。
さらにこのような株式を扱う金融機関は銀行だけではなく証券外車、インターネットバンク、インターネット証券も含めて多岐にわたる状況です。
さらに政府の方針としてもこのように投資を推し進めるためにNISAや積み立てNISAといった税制優遇措置を設け、国民に参加を進めるような姿勢を求めています。
しかしながら、貯蓄や投資といったマネープランに対して積極的に活動できる世代はお金に余裕がある60代以上に限られるのが今の日本の現状です。晩婚化が進み、出産、育児、学費、住宅ローンなどを考えると若い世代が株式を中心とした投資にお金を回す事はなかなか難しいのが日本の現実です。しかしながら少しずつでも知識を蓄え、可能な限り投資にお金を回していかなければ自分自身が60歳を超えた後に生活ができなくなる不安も間違いありません。
学費、住宅ローンなどを考えると若い世代が株式を中心とした投資にお金を回す事はなかなか難しいのが日本の現実です。しかしながら少しずつでも知識を蓄え、可能な限り投資にお金を回していかなければ自分自身が60歳を超えた後に生活ができなくなる不安も間違いありません。まずは、自分自身の人生設計からお金がいつどのタイミングでいくら必要になる、不測の事態が発生した場合にどのようなお金が必要になるかを客観的に見つめ直すことからスタートです。そしてどのタイミングでいくらお金が必要になるかを加味して保険や貯蓄、さらには投資に回していくことが重要なのです。もちろん投資は最後のお金になりますが、あらかじめこのようなプランを立てておくことが将来的なマネープランのたしになってきます。
場合によってはファイナンシャルプランナーに定期的に相談を行った上株式投資にどれだけ回すことができるか助言をしてもらうことも重要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です